oomesikuraiの日記

2005-06-19スティール・ボール・ラン#3感想

ウルジャン7月号

きのう発売のウルジャン7月号、今回のスティール・ボール・ランは61ページだ!

3人のスタンドの解説がついているので、どれどれとチェック。

あのヘンテコな少年は「ポークパイハット小僧」という名前だそうだ。え?あれ、帽子だったの?

ジョニィの爪は「タスク」という名で、発射した爪は再生していくらでも補充できるのだ。いまだ足は動かないものの、爪の回転の摩擦で移動できるという。

ジャイロのボールはまだスタンドではないらしい。

爪が回転するだけでしょぼいスタンドかと思っておったジョニィですが、聖人の左手を身体に入れることでパワーアップしました。木を削って人形を・・・って、一体いつの間に。そして腕がワイヤーに引っ掛けられて、ジャイロの胸にズボォォォとなるわけです。ああ、痛そう。ジョニィもジャイロもかなり体がぼろぼろですが、そこはそれ、JOJOですから、結構な傷でも次の回にはなんとかなってるものですね。

先月の謎の言葉「モヴェーレ・クルース」は足を動かせというラテン語だという。ジャイロは見た目より学がありそうである。「聖人とはッ」「死んだ後にッ」「奇跡を起こす人物ッ!」そうなんですか。

http://www.sanpaolo.or.jp/christ/Q&A/Q&A028.htm

なんだかんだいってもディオサンドマンが再登場ですよ。まだ忘れていなかったのね、荒木先生。また見れて嬉しかったわ~。その前のページでジョニィがしばしうつむき、そしてグッ!!と顔を上げたところが、こちらのハートにもグッ!!ときましたよ。

2005-05-19ステール・ボール・ラン#2感想

ウルジャン6月号

ウルジャン発売日。1ヶ月って結構長いと知った。

61Pの大ボリュームなので、読み応えは十分です。

大きな釣り針が天空からジョニィを襲う。これはお座敷釣堀か?左顔面に針が刺さって「き、切れないッ」というか、なんというか頬の肉がちぎれんばかりです。荷物も鞍も吸い込まれて、移動手段を奪われたジョニィ。まさかあの羽の先にはのび太が?息詰まる展開です。

敵の姿がようやく現れるも、やはりのび太ではありませんでした。機械仕掛けといった感じの少年で、なんと口の中にリールが仕込んであります。この少年の能力は皿の中のほんの少しの水で釣りができるようです。しかし万年筆のインクを飲んじまうところなどあまり頭はよくないようです。

しかし今回ついにしゃべるスタンドがでましたよ!「モヴェーレ・クルース」と、私には何語かわからない言葉をささやくキモいスタンドが!「チュミィィ~~~ン」と鳴く所など、かわいいといえなくもないですけど。まだ小さいのですが、この先ミイラのパーツが集まるともっと強力なスタンドになることも予想されます。

ジャイロがありえない格好で吊るされているのに死を賭してジョニィに方向を示しています。ジョジョの登場人物なら、まあそうであろうと思われるように仲間を助けるという選択を致します。

ジョニィ、君も男だ。